保育士の求人・転職のことならCMEコンサルティングへ/保育士の求人・転職なら【CME保育士】

CME保育士コラム

6月おたよりに使える季節の話題・作成のポイントをご紹介

毎月園だよりやクラスだよりといった書類を作成するのは、とても大変ですよね。

6月というと梅雨の時期で、梅雨に関することを書きたいけど、実際に園だよりを配布するのは5月末~6月頭で梅雨入りもしていないし、どういう風に書いたらいいのかわからないという方も多いです。

今回は、6月のおたよりにつかえる季節の話題の書き方から、おたより作成のポイントまで、詳しく紹介していきます。


 

6月にぴったりの季節の話題

始めの書き出しにおすすめの文章から、年齢別の文章など、詳しく紹介していきます。

書き出しにおすすめの文章

  • 雨が降ったり、晴れたりと天気や自然の移り変わりに、子ども達も季節の変化を感じているようです。
  • 園庭のあじさいの花が少しずつ咲き始め、梅雨の訪れを感じる時期になりました。
  • あっという間に春が終わりを告げ、季節が梅雨へと移り変わりました。
  • ◯◯組が始まって3ヶ月目を迎えました。ゴールデンウィーク明けに泣いていた子も、すっかり新しいクラスでの生活に慣れてきて、毎日元気に過ごしています。
  • もうすぐ梅雨入りが予想されます。季節の変わり目は体調を崩しやすいため、体調管理には十分に気を付けたいですね。
  • 様々な色のアジサイや、この時期ならではの虫たちに子ども達は興味津々です。
  • 今の時期ならではの自然に触れたり、室内遊びを楽しみながら、元気に過ごしていきたいと思います。
  • 雨が降る日が多いですが、傘をさしたり、長靴で水たまりを踏んだり、レインコートを着て園庭を走ったり…雨の日の中にも、楽しみを見つけて子どもたちは元気に過ごしています。
  • 6月は虫歯予防月間です。4月に比べると歯磨きが上手になり、歯ブラシを使って、子どもたちは真剣に歯を磨いています。

年齢別のおすすめの文章

次に各年齢におすすめの文章を紹介していきます。

0歳児

園生活にもずいぶんと慣れて、園庭やお散歩で外気浴をすることが増えました。

風に揺れる葉っぱを見つめたり、お花に手を伸ばしたりと、自然に触れて・見て、楽しんでいます。

砂や石をつかんだり、時には口に入れようとしたりして「これは何だろう」と確かめているようで、興味の幅も広がってきています。

1歳児

雨の様子を窓から見て「ザーザー」「びちょびちょ」と、言葉にして伝えてくれます。

梅雨の時期はなかなか散歩に出られませんが、子どもたちは長靴を履くことが嬉しいようで、「今日長靴履いてきたの」と教えてくれます。「雨の日しか履けないもの」という特別感が嬉しいようです。水たまりに入ってみたりと、全身で梅雨の時期を楽しんでいます。

2歳児

雨が続き、なかなか戸外に出られないため「お外遊びしたい!」という声が聞かれます。

しかし、室内遊びも大好きで、クレヨンを使ったアジサイ製作や、運動遊びも目いっぱい楽しんでいます。

お友達との関りも上手になってきて、「私は青にした」「僕は赤」と、お話しながら製作する様子も見られました。

3歳児

雨が弱い日には外に出て、雨の日ならではの遊びを楽しんでいます。

水たまりに入ってみたり、水たまりの傍を掘って水路を作ったり、泥だんごを作ってままごと遊びをしたりと、水遊び・泥遊びを楽しんでいます。

4歳児

室内あそびの機会が増え、最近は新聞紙遊びやじゃんけん列車が子ども達のブームです。

新聞紙で帽子や洋服を作って、遊びをどんどん発展させたり、ルールのある遊びもしっかりルールを理解して、お友達同士教え合いながら遊べるようになってきました。

4歳児クラスになりたった3ヶ月でも、ずいぶんと遊び方が上手になってきましたよ。

5歳児

かたつむりを見つけたので、保育園へと連れて帰ってきました。

子ども達が図鑑でかたつむりについて調べて、これからどのようにお世話をするのかについて話し合いました。

「まずは名前を決めよう」「ご飯は葉っぱを食べるんだって」「ご飯はいつあげる?」など、自分たちで話し合って決めることができました。

これから子ども達がどのようにかたつむりのお世話をしていくのか、かたつむりがどう成長していくのか、楽しみです。

 

 

6月のおたより作成のポイント

6月はこれといったイベントがなく、書くのが難しい月でもありますが、6月のおたよりを作成するうえで抑えておきたいポイントについて、紹介していきます。

書き出しの文章は組み合わせて使う

先ほど書き出しにおすすめの文章を紹介しましたが、これらをいくつか組み合わせて使うことで、季節感のある文章になります。

~例~

あっという間に春が終わりを告げ、季節が梅雨へと移り変わりました。

雨が降ったり、晴れたりと天気や自然の移り変わりに、子ども達も季節の変化を感じているようです。

子ども達は戸外に出る機会が少なくなりましたが、それでも元気いっぱい室内での活動を楽しんでいます。

雨の弱い日にはレインコートや傘を使って戸外に出たりと、今の時期ならではの自然に触れる機会もつくっていきたいと思います。

季節の変わり目は体調を崩しやすいため、体調管理には十分気を付けていきましょう。

 

上記の文は、始めに紹介した書き出し例を4つ組み合わせたものになります。

このように、いくつかの書き出しを組み合わせることで、季節感のある書き出しを書くことができます。

 

 

イラストを使う

文字ばかりのおたよりは、保護者も見にくくなってしまうため、途中にイラストを入れることで見やすく、可愛らしいおたよりになります。

イラストばかりになっても良くないですが、書くことに困って少し余白が出来てしまうような時は、イラストを使って余白を埋めるのも1つの手です。

絵を描くことが苦手な人も、保育雑誌やインターネットで探すと、6月のおたよりに使えるフリー素材がたくさんあるので、それをうつしたり、コピーして貼り付けすることで、簡単にイラストを使うことができます。

傘の使い方について紹介する

せっかく梅雨の時期なので、傘の使い方について、親子で確認できるように記載するのがおすすめです。

具体的には

  • 傘の持ち方(柄を持って、先は下向きに持つ)
  • 傘を振り回さない
  • 傘の畳み方
  • 傘の水分の切り方(人がいるときはバサバサしない等)
  • 自転車に乗る時には傘をさしてはいけない(法律で禁止されています)

などです。

近年、大人でも、傘を抱えるような(傘の先が横になるような)持ち方をして傘がぶつかりトラブルになったり、人がいるのにバサバサと傘を振って水をかけてしまうような人もいます。

小さいうちから正しい傘の使い方を確認しておくことで、正しい傘の持ち方が身に付くので、書いておくことがおすすめです。

服装についてお願いをする

6月は、日によって肌寒かったり蒸し暑かったりと、気温差の大きい時期です。

そのため、着替えの洋服は半袖と長袖を両方用意してもらったり、雨にぬれたり汗をかくことを想定して着替えを多めに持参してもらったりと、服装についてのお願いごとを記載しておくことをおすすめします。

その際に、洋服のサイズ確認や記名についてもう1度確認してもらうようにお願いしておくといいですよ。

 

6月のおたよりを作成する時期は、梅雨入りするかしないかの時期で書くのが難しい月です。

難しく考えすぎず、今回紹介した書き出しや年齢別の文章を活用したり、実際の子どもの様子を伝えながら、その月ならではのお願いごとを記載するのがおすすめです。