保育士の求人・転職のことならCMEコンサルティングへ/保育士の求人・転職なら【CME保育士】

CME保育士コラム

プライベートがない……保育士特有の近場で働くデメリット

いきなりですが、就職・転職活動を行うとき、どのような条件で職場の候補を絞っていくでしょうか。

 

たとえば、「給与待遇がいい」「園や運営主体の保育方針が、自分の保育観と合う」「残業や持ち帰りの仕事が少ない」「自宅から職場が近い、または交通のアクセスが便利」など、おそらくほとんどの人はたくさんの条件のなかで優劣をつけ、就職・転職活動をすすめていることと思います。

 

東京都保健福祉局が行った平成30年度東京都保育士実態調査では、「職場選択に重視した項目は?」の問いに対して、多い回答から順に勤務地(自宅から近い等)、職場の人間関係、給与が高い、と続きます。いずれも半数以上の回答者が重視する項目として挙げていますが、一番多かった「勤務地(自宅から近い等)」にいたっては回答者全体の72.5%、約4分の3もの人が重視していると分かりました。

 

確かに通勤時間の短さは幸福度にも影響すると言われているように、近ければ近いほどいいのかもしれません。しかし、保育士にとっては、保育士特有の理由からデメリットとなることもあります。それは何か、この記事では、敢えて「自宅から近い職場で働くデメリット」に着目し理解を深め、今後の就職・転職活動に活かすべきことについて解説していきます。

 

 

家近くの職場で働くデメリット

先述の通り、就職・転職先を決めるうえで「自宅から職場が近すぎない」という条件を重要視している保育士は、しばしば見受けられます。その理由は2つ。仕事と私生活の切り替えが難しい、そして退職しづらいという理由です。

 

(1)仕事と私生活の切り替えが難しい

詳しく見る

保育士あるある。思わず共感できる保育士エピソード集

保育士は、他の職種と交わることが少ない職種。それゆえに、保育士に対する一般的なイメージは「子どもと楽しく遊んでいる」「大変な仕事だけど、給料が安い」など、ドラマやニュースで見たままを言われることがあるのではないでしょうか。

 

実際にあてはまっていることももちろんあります。けれども、イメージとはちがう、保育士だからわかる「あるある」もあるはず。

ここでは、そんな思わず共感してしまう保育士エピソード11選をご紹介していきます。

 

詳しく見る

小規模保育園と定員60名以上の園での働き方のちがい、メリット・デメリット

保育所は大きく認可保育園と認可外保育園に分けることができ、さらに事業主体や運営規模によって、公立保育所や私立保育所、事業所内保育園、小規模保育園、あるいは企業主導型保育園などに細かく分けることができます。ひとくちに「保育園」と言っても、その実情はさまざまなわけです。

「保育園で働いています」という人がいたとき、0~5歳児までを受け入れているいわゆる一般的な保育園を想像するかもしれませんが、よくよく話を聞いてみると、企業が設置する保育施設で0~2歳児までの従業員の子どもや地域の子どもを受け入れている事業所内保育園で勤務しているのかもしれません。

 

そもそもこのように保育所が細分化されたのは、2015年度に制定された「子ども・子育て支援新制度」によるものです。待機児童問題の解決を目指して子どもの受け皿を増やそうと、助成金を受けられたり厚生労働省の認可が受けられたりする保育施設が新設・拡充されました。認定こども園や小規模保育園、事業所内保育園がそうです。

なかでも小規模保育園は、待機児童問題の解決の一助を担っていると言われています。

 

その小規模保育園と定員60名以上の保育園の働き方はどのようにちがうのか、それぞれのメリット・デメリットと一緒に解説していきます。

その前に、そもそも小規模保育園はどのような保育施設なのかを知っているでしょうか。


詳しく見る

転職を迷われている方に!有効求人倍率から見る保育士の転職のしやすさ

「保育士を目指す人は少なくないが、保育士の人材不足問題は深刻だ」

 

保育士を目指しているならば、この話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

実際に、保育園の待機児童問題がメディアで注目されるようになってから保育士の人材不足問題も広く知られるようになりました。

 

認可保育園のなかには定員数における保育士配置基準が満たせず、しかたなく定員数を削減したり休園に追い込まれたりした保育園もあります。その影響は、すでに保育所へ預けている保護者やこれから預け先を探す保護者にも影響が及んでいるのです。

一方で、保育士配置基準を満たす必要がない認可外保育園では、少ない保育士が認可保育園に入れなかった子どもをたくさん受け入れ、子どもの命が危険にさらされているところもあります。
詳しく見る

保育園の面接では何を聞かれる?面接ポイント・よくある質問まとめ

保育園や幼稚園の面接を予定されている方、どんな質問をされるのか?面接以外にどのような選考方法があるのかはご存じですか?面接当日までに事前知識を入れてしっかり準備していれば、落ち着いて面接に臨むことができます。よくある質問と回答例や、採用における選考方法についてお伝えします。

必ず押さえる~よく聞かれる質問~

詳しく見る
幼保特例制度とは?保育教諭とは?保育士との違い、資格の取得方法、など

「幼保特例制度」について、聞いたことがあるという保育士さんも多いのではないでしょうか。幼稚園教諭と保育士、どちらか片方の免許資格だけ持っている方に、ぜひおすすめしたい制度です。

今回は、「幼保特例制度」と「保育教諭」について最新の情報をご紹介します。幼稚園教諭や保育士と何が違うのか、今後のキャリアビジョンも含めてお伝えします。

より詳しく「幼保特例制度」「保育教諭」を理解するには、まず「認定こども園」について知ることから始めましょう。今までわからなかったことがクリアになってきますよ。

「認定こども園」について知っておこう

認定こども園とは、認定こども園法(通称)の制定によって、2006年よりスタートした「幼稚園と保育園の機能を一体化した施設」のことです。
詳しく見る

新卒は専願が当たり前?早期離職を防ぐ新卒の就職活動について

近年社会問題としてメディアでも多々取り上げられるようになった保育所の待機児童問題。その背景の一因に「保育士の慢性的人材不足」があることを知っている人は多いのではないでしょうか。

保育士が確保できないために受け入れられる園児の定員数を少なくしなければならず、待機児童問題が解消しにくくなっているのです。最悪の場合、休園を余儀なくされる保育所もあるほど保育士の人材不足は今も深刻な問題です。

そこでその問題を掘り下げながら、特に新卒で保育士を目指す人へ、思い描く保育士ライフが実現するためにどのように就職活動に取り組んだらいいのかお伝えします。

保育士は早期退職傾向が顕著

保育士資格を持ちながら何らかの理由で保育職に就いていない潜在保育士は、約70万人。
この数は、現在保育士として就業している人数を大幅に上回っています。
詳しく見る

保育施設別の給料・勤務時間・仕事内容の違いをプロが解説

「保育士=保育園で働く人」というイメージをもつ方は多いでしょう。しかし実際は、保育士が働く職場は多岐にわたっています。

「児童福祉施設」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
児童福祉施設とは、児童福祉法に基づく施設のことで14施設あります。保育士は、その多くの施設で働くことができます。

まず、保育所保育士の仕事内容から見ていきましょう。

仕事内容は大きく分けて3つあり、主要な業務は「保育」です。
朝の会→午前の活動→昼食→午睡→おやつ→帰りの会→お迎えまでの自由保育…という基本的な流れのもと、担任となるクラスの年齢・月齢や発達状況に合わせて保育を行います。
詳しく見る

人間関係でお悩みの保育士さん必見!解決法をプロが伝授

保育の仕事そのものは楽しくても、人間関係の悩みを抱えてしまうと、保育士さんは少しずつ働くことが辛くなってきます。なかなか改善しない現状に苦しくなって、職場から逃げ出したくなりますね。

今回は、人間関係の問題を解決する方法と、職場の人とうまく付き合うためのコツをお伝えします。悩んでいる保育士さんの気持ちが、少しでも楽になるといいですね。

人間関係に悩む保育士はたくさんいる

保育士は子ども相手の仕事だから、職場の人間関係も「和やか」という世間的なイメージがありますね。もちろん、問題がなく雰囲気の良い職場はたくさんありますが、全体的にみると人間関係に悩んでいる保育士さんの占める割合はとても高いのです。
詳しく見る

バックナンバー